肌の老化防止バイブル






肌の老化を防ぐためには根拠のある方法で「乾燥」「毛穴」「シワ・たるみ」「シミ」といったエイジングサインに立ち向かうことが大切です。

加齢による肌トラブルの正しい知識はありますか!?

加齢による肌老化というのは避けられないもの。

できることといえば少しでも老化スピードを遅くすること、ごく初期段階の肌老化を巻き戻すということぐらい。 エイジングケアで必要になるのは何が肌を老化させる原因になっているかをしっかり把握すること、そして肌にあらわれたエイジングサインにあわせて正しくスキンケアすることになります。

女性の多くはスキンケアを頑張っていると思いますし、アンチエイジングにも興味があると思いますが そもそも肌が老化するというのはどういうことなのか?そしてスキンケア化粧品の成分や働きについて詳しく知らないという人がほとんどだと思います。

ただ、なんとなくでスキンケアをしてしまっている人が本当に多いんです。

はっきりいってそれでは自分の肌を若返らせることはできません。むしろ見当違いのことをやってしまって肌老化を促進させている可能性もあると思います。

  • 化粧水で保湿できると思っている。
  • シミと肝斑の違いがわからない。
  • 肌が乾燥するとシワになると思っている
  • コットンを使って肌のお手入れをしている
  • コラーゲンは飲んでも塗っても効果はないと思っている※

※ 「コラーゲンは効果がない!」に回答する最新の研究レポート

といったことにもしあなたが該当するのであればスキンケアのやり方を根本的に間違っている可能性があります。 正しい知識と正しいスキンケアが肌の老化を防ぎ、若さと美を保つための最高の武器になるので当サイトでしっかり勉強するようにしてくださいね。

紫外線と光老化
見た目の老化の7割は紫外線によるダメージです。老化を促進する最大の原因になります。
活性酸素による肌ダメージ
細胞を酸化させる活性酸素も肌老化を促進させる主要な原因。抗酸化を意識しましょう。
長年のスキンケアによる炎症
よかれと思ってやっているスキンケアが肌内部で炎症を起こしダメージになることも。

冷えと血行不良
血行不良は細胞の機能低下をまねくため肌の新陳代謝も悪くなり、老化につながります。
女性ホルモン&成長ホルモンの減少
女性の若さと美を支えている女性ホルモンの分泌が減少するとトラブルの原因になります。

あなたの悩みは「乾燥」「毛穴」「シワ・たるみ」「シミ」どれですか?

肌の老化トラブルというのは、「乾燥」「毛穴」「シワ・たるみ」「シミ」の4つに分類できると思います。30代になり、肌が乾燥するようになってきた方、 頬の毛穴やシミが気になりだした方、ファイスラインがぼやけてきたり、ほうれい線が目立ちだした方など、気になる老化サインは人それぞれでしょう。

こうした老化のサインに対して自宅で行うスキンケアの範囲内でできることは限られていて、効果のある有効成分というものもほぼ決まっています。 シミを薄くしたいならそういう美白成分がありますし、ハリや弾力を取り戻したいならそれにあった有効成分というのがあるんですね。

なので、どの肌トラブルに何が有効かということを知っていれば、毎日のスキンケアに迷いがなくなります。 スキンケアに関しては知っているか知らないかというだけで雲泥の差があります。

最小のお金・時間・労力で最大の効果を引き出すためにもまずは「乾燥」「毛穴」「シワ・たるみ」「シミ」という肌トラブル別に どういったスキンケアや有効成分が効果的なのかチェックするようにしましょう。

加齢による乾燥肌とその対策
加齢によるシワ・たるみとその対策
加齢による毛穴の目立ちとその対策
加齢によるシミとその対策

肌の老化を防ぐエイジングケアによくあるQ&A

数万円もするような価格の高いエイジングケア化粧品のほうが効果はあるんですか?
肌の老化に立ち向かう有効成分が配合されているというだけあって、 エイジングケア化粧品は数万円もするようなものもあります。 値段に見合った効果は感じられるんでしょうか?

エイジングケアは何歳ぐらいからはじめるべきですか?
エイジングケアというのはいつからはじめればいいのか気になる方へ。あまり若いうちからエイジングケアするのも逆効果になりそうで怖いという人も多いです。